室内

府中家具はあなたを魅了する|家具へのこだわり

高級感のある家具

ミニチュア家具

広島県の府中市で作られた家具であることから、その名前をとってそこで作られた家具は府中家具とよばれることになりました。実に江戸時代の宝永から作られてきたこの府中家具ですが、元祖となった家具を作った職人は大阪で木工の技術を学びました。この職人は専門的には箪笥の技術を学んだので、府中は主に箱物の生産地として知られるようになったのです。箪笥は嫁入り道具としても重用されたものなので、これを買い求める人が多くいました。戦後になると家具を売り出す戦略として婚礼家具セットを生み出し、それを全国に向けて発信することになったのです。それが、府中家具が全国的に知られるようになった要因です。この時期は高度経済成長期でもありましたので、爆発的な売上があり、府中はその府中家具の売上で発展しました。

婚礼家具は必要に迫られた実用的なものではありますが、インテリアとして利用するならもっと部屋全体に統一感を生むようなものを選びたいものです。府中家具は婚礼家具でもありますし、高級家具でもあるので、部屋全体に統一感や高級感をもたらします。部屋に一つこの製品があれば、部屋をより引き締まった印象にできるでしょう。このような高級感を得た理由は、やはり歴史が関係しています。家具の産地として知られるようになった府中ですが、これを機により技術を高めようと地域でも取り組みが行なわれるようになったのです。そのためこの地域に才能ある家具職人が集まるようになり、高機能、かつおしゃれな府中家具が生み出され続けているという歴史があります。